Flutter

Flutter を初心者が学ぶおすすめの勉強法!【間違いない動画があります】

Flutter の勉強におすすめな方法

皆さん Flutter やっていますか!iOSと Android アプリをいっぺんに作成することができる Flutter 最高ですよね!

私が Flutter をなぜ学ぶのか、Flutter を学んだ結果について以下の記事にまとめてあるので、そちらもどうぞ。

Flutterを1か月学んでみた

私が Flutter を勉強したときにいろいろな教材を使用したのですが、今回は良かったもの、おすすめをまとめます。

初心者は動画学習が最効率!

私はスマホアプリ未経験の状態から Flutter の公式ページや書籍、動画などを使用して Flutter を勉強してきたのですが、一番学習が進んだものが動画学習でした。

動画学習にもデメリットはある

はじめに申し上げておくと、動画学習は最高におすすめですが、デメリットもあると思っています。

例えば、「この動画を学習すると Flutter と Firebaseの連携について学ぶことができます!」という感じの謳い文句で宣伝している動画は結構あると思います。

確かに動画のとおりに実装していくと謳い文句である「Flutter と Firebaseの連携」は最終的にいつの間にか実現できているのですが、残念ながらどうしてそれができたのか、というのは全然理解できていないという悲劇が発生します。

ぶっちゃけ全然習得できている気がしません。

どうしてそうなってしまうのかを分析してみました。私の見解ではそのような動画は解説の時間が足りていないなという印象です。

例えば次のような発言があったりします。「このように実装しているのは理由がありますが、動画の尺が足りなくなってしまうので省略します。」

これが良くない!ここで端折ってしまうから、初学者からすると何も理解できていない状態で話がどんどん進んでいってしまい、最後までやりきれる人はまだ凄いほうで、大多数の人は理解できない箇所が出てくると、これは無理だとなって、その動画を見るのを辞めてしまうと思います。

また、動画の評価は高いので買ってみると、話が聞き取れないといった致命的な問題がある場合もあります。なぜ評価が高いんだ・・・

どんな動画が良いか

以下の2つが守られている動画がおすすめです!

  1. 話が聞き取りやすい
  2. 説明がしっかりと行われている

1つ目の聞き取りやすいかどうかというのは、動画を買う前にサンプルを見ることができればそれを確認しましょう。これは非常に大切です。聞き取りにくいというレビューがあるというのも重要なポイントですが、そのようなレビューがなくてもいざ聞いてみると、聞き取れないんだけど。。。となるケースはざらにあります。どの動画かはまた記事にしたいと思いますが Type Script の動画で評価は高いけれど聞きにくいハズレの動画を一本買ったことがあります。

2つ目の説明がしっかりと行われているか、というのは動画の内容/時間を確認しましょう。動画の内容に解説パートが用意されているか、動画の時間が長いか。などが判断基準となります。初級者はこれだけ見ておけばOKという動画なのに時間が5時間程度しかないものは外れの可能性が高いです。もしくはある程度プログラミングをかじったことがある人向けの可能性もあります。一概には言えませんが初心者向けの動画であれば10時間超えの動画だと私は安心できます。

NGポイントに該当しない動画であれば勉強の効率は最高クラスです。

なんせ先生に教えてもらっているようなものですからね。最近流行りのスクールを否定するつもりはないですが、そんなにお金をかけなくても今は動画で十分じゃないかと常日頃思っている次第です。

Flutter 学習におすすめの動画

まずは本当に初心者という方には以下の動画がおすすめです!

【ゼロからのFlutter】iOS/Androidアプリを”いっぺんに”開発入門・初級編<みんプロ式>

この動画は本当におすすめできます。

まず動画時間ですが、驚異の27時間コースです。Windows版, Mac版 の環境構築からはじまり、初めての内容には必ず解説がつくという超親切丁寧な動画となっています。もちろん27時間ぶっ続けで聞く必要はなく一つの動画はだいたい5分〜10分程度の長さとなっています。

超初心者の状態からでもやっていけるこの動画、最終的には簡単なアプリが作れるだけではなく、ローカル内で完結するデータベースが使えるようになっています。アイデア次第ではもうこれだけで世にアプリを送り出すことができてしまいます。

この動画のさらに嬉しいポイントとして、iOS と Android のアプリを AppStore と Google Play に公開する手順まで解説してくれています

そうです、この動画を見るだけでアプリがリリースできてしまうんです。下手したらスクールなどに通って教えてもらえる内容を網羅しているんじゃないかというレベル。

おいおい、スクールは質問ができるから良いんじゃないかなんて声が聞こえてきそうですね?なんと、Udemy でこちらの動画を購入すると講師に質問もできちゃうんです!

とってもお買い得です。

私が Flutter 初心者の方にどうやって勉強すればいいですか?と質問を受けたら間違いなくこの動画をおすすめします。

とはいえ、料金は24,000円と少々お高めな設定です。しかしながらスクールに通うと、ひと月で50,000円から200,000円位かかるらしいです。

それであれば一度購入したら、何度も見ることができる動画のほうが全然いいですよね!

※Udemy では頻繁にセールが行われることがありますが、この動画はセール時に安くなっているところを見たことがありません。しかしながら値段相応の価値があると断言できますし、動画講師もそのようなスタンスなのかなあと思っています。

※動画を購入してから30日以内の期間は返金することができます。気軽に購入していただくと良いかと思います。

おすすめの動画でできるようになること

Flutter の概要が理解できる

開発に入る前に、Flutter と Flutter で使用する言語の Dart について説明があります。

完全初心者という方はまずは概要の把握から始めると良いと思います。

環境構築

環境構築といえば経験者でも躓くことが多い躓きポイントですが、動画の画面の通りに実施していくとスムーズに完了させることができます。

ネット上の記事を見ながらやると意外と躓くことがあるので、とてもありがたいです。

Android Studio を使用した開発の仕方が分かる

Flutter の公式では Android Studio と VS Code の二つをサポートしています。

おすすめ動画では Android Studio を使用して開発する際の使用方法も、解説があります。

また、パフォーマンスチェックするための機能や仮想の Android 端末を使用する方法など、Android Studio にて使える便利な機能の使い方なども説明してもらえます。

具体的にこんなことができるようなる

この講座では4つのアプリの作成を通して Flutter の基本的な使い方から、パッケージを使用した実践的な部分まで含まれています。

  • 画面にボタンやリストなどを表示する方法
  • 画像を表示する方法
  • 画面をタップすると音が出る
  • 複数の画面を使用して、少し複雑なアプリを作る
  • データベースを使用して、データを保存する
  • アプリのアイコンの設定
  • iOS アプリを App Store に公開する方法
  • Android アプリを Google Play に公開する方法

これらすべてが動画で詳しく解説されています。

この動画一本でこれだけのことが学ぶことができるので非常にお得です。

動画学習を終えた後にいざ自分のアプリを開発し始めたときに、ちょっとわからないことは動画を見直せば効率的に知識の補完ができます。

なぜそこまでしてお勧めするのか

ここに書いたことを動画なしで学ぼうと思うと、様々なサイトを検索して見つけなくてはいけません。本当に正しいかすら定かではないサイトもあります。初心者の方はそもそもどういうことができるかも、はじめは分からない状態だと思います。

お金を払う必要はありますが、同じことを自力でやる場合にかかる時間や調査の苦労などを考えると、動画を使用した学習は時間効率的にも非常に有効です。

また、勉強をやめてしまう要因にもなりうる、検索しても全然実装できない⇒もうやりたくない、といった事件も動画を見れば解決出来たり、講師に質問もできるので、できない⇒自分には向いていない⇒辞める、を防ぐことができます。

また、既にこの動画で学習をした私が自信をもってお勧めできるということ、レビューの評価も非常に高いことから、この動画はあたりです。

心からお勧めできるで動画です!

まとめ

初心者から スマホアプリエンジニアを目指す方、Flutter を勉強したいという方は、以下の動画で学べば間違いありません。

【ゼロからのFlutter】iOS/Androidアプリを”いっぺんに”開発入門・初級編<みんプロ式>

初心者の状態から内容理解した上で、アプリリリースまでできるようになるので、動画学習後には自分のアプリを作ることができるようになっています!

アプリを作って楽しみましょう!